インフラエンジニアの活躍場面の2つの側面

インフラエンジニアは、企業や社会の基盤となるシステムを開発して構築を行い、その運用や管理を行うのが仕事である。
インフラを担うシステムを作りあげ、その維持を行うということから情報システムを導入している企業等においては常に必要とされる人材であり、社内SEとして正規雇用の人材として確保していることも多い。

インフラエンジニアとしての活躍場面は、その現場での需要に合ったシステムの開発や構築が達成されて、その導入の目的であった作業の効率化や経費の削減等が達成されたときが典型的なものである。その達成感を求めてインフラエンジニアを目指す人も多く、転職先としてもしばしば注目される。

しかし、こういった成果は長期的に見ないとわからない場合も多く、その活躍が現場の利用者には実感されない場合も多い。
そのため、現実的に見て最も活躍されたと認識される場面は、開発現場よりはむしろ管理や保守の場面なのである。

情報システムを利用したインフラを敷いた場合には、その利用者が多いほどトラブルが発生する頻度は高くなってしまう。
そのため、管理や保守を担うエンジニアは現場の規模が大きいほどトラブル対応に追われることになる。
重大な障害が起きる頻度はそれほど高くはなくとも、利用者が不都合を感じるようなトラブルは日常茶飯事にあることが多い。
そういった際にすぐに状況を改善してくれることから、その活躍を利用者が実感してくれる場面となるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です