インフラエンジニアから開発系に進む困難さ

IT系の産業でエンジニアとして働いていく道が多数ある中で、インフラエンジニアとして働くことを選んだ場合には、その業界入りを考えたときに思い描いた姿を実現できない可能性がある。
多くの人が思い描くIT系のエンジニアの姿はシステムエンジニアであり、新しいシステムを考案することを主とした創造的な仕事を行えることを期待して業界入りすることになる。

しかし、インフラエンジニアの業務内容として一般的なのは、インフラとなるシステムの導入と維持や管理であり、開発業界とは様相が大きく異なってしまう。導入においては大型機器の搬入や配線を行うのが大きな作業となり、その後にシステムを立ち上げる細かな作業が必要となるだけであって、技術が必要な作業というイメージは否めない。

一方、維持や管理においても創造性を発揮するよりは、むしろ過去の事例を参考にしてトラブルを未然に防いだり、速やかなトラブル対応をしていくというサービス面が強い仕事となっている。
一部の人材はその後に開発や設計の仕事に取り組むことが可能になるものの、インフラエンジニアとしての道を歩み始めてしまうと、開発系の仕事に携わりにくいということがデメリットになってしまう。

これは転職においても同様であり、若手が優先されがちな開発業界にインフラ系で経験を積んでから転職することは容易な道ではない。
システムエンジニアの姿を想像して業界入りした人にはその姿を実現するのが困難となるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です